私は学生時代までは何不自由なく普通の家庭で育ってきました。父はサラリーマンをして母は専業主婦をして
いました。虐めなどの経験や、友達のとの喧嘩もなく平凡で平和な生き方をしていました。特に悩むべき問題
もありませんでしたが、社会人になってからガラリと風向きは変わりました。学生時代のような自由さは全くなく
なり、仕事に追われる毎日。大手の商社でしたので女性といえ男性と同じように激務が続き、身体と心がつい
ていかなくなりそうな時に、更に追い打ちをかけるようにある事件が起きました。上司の一人に女性部長がい
ました。女性部長はお気に入りの男性社員がいて、その男性社員は私にアプローチをしてきていました。話が
少し複雑になるのですが、この女性部長は私とその男性社員が仲良くしているをみると嫉妬して、私に対して
仕事上での攻撃してきました。完全なるパワーハラスメントで、一定の権限をもつ上司から同じ部署で睨まれ
ると、仕事にも大きな影響があります。私はせっかく入社できた会社で頑張っていきたかったので、できるだけ
その上司に睨まれないよう、会社で男性の方と仲良くすることを全くやめるようにしたのに、それでもその女性
部長の攻撃は止みませんでした。もうそこまでいくと社内虐めです。胃潰瘍になるほど社内でいびられて、私
が企画書を提出しても、ろくに眼を通すこともせずゴミ箱いき。そんなのは茶番で、会議の最中でも私の発言
を遮り、一言も発せなくさせられたこと、忘年会などの席でも、無理に一気飲みや、吐いた人の床を雑巾で拭
かせられることまで命じられました。ここまでいくともう私の尊厳が損なわれアイデンティティが崩壊していき
ました。ついには、心療内科まで通うことになりましたが、心が落ち着いても、上司がこの会社にいる限り、根
本的なものはなにひとつ変わりません。仲良くしようにもできないので、どうにかできないか調べて調べて調べ
まくった時に、呪いに辿りつきました。呪いの王国というサイトを知り、怖さみたいのがありましたが、この女性
部長さえいなくなればという気持ちが強かったので、呪いをお願いすることにしました。呪いが始まっても虐め
は相変わらず続いていましたが、不思議なことに、その女性部長に大きな異変が現れてきたのです。まず、
ひとつは顔に吹き出物や、身体にぶつぶつした小さいイボのようなものがでてきて、あれほど、清潔で高級そ
うな洋服を着こなしていたのに、肩に大きなフケが溜まっていたり、近くにいても口から口臭が酷くなっている
のがわかりました。社内の男性社員たちも、女性部長の変化を噂するようになり、仕事でも失敗が続いたり、
取引先の方を激高させたりして、社内の評価はかなり落ちてしまいました。それから数カ月して、部長職から
降格して、子会社に飛ばされることになりました。あんなに私を虐めて、心を傷つけたこと許せませんでした
ので、呪いの王国で黒魔術をお願いしてよかったです。苦しい時期を救って頂いたことに感謝しています。

なんで虐めってあるのだろう。私の存在理由ってなに。性格が暗くて、人より顔が整っていないだけでなんで
あんなに酷いことをされ続けたのだろうと今も思いだすと悔しくなります。なんど飛び降りようか、首を吊ろうか、
数えきれないほど考えました。本気で死のうとする時、頭がボーっとするか、身体中がブルブル震えて寒気が
止まらないほど追いつめられた状態になっていました。あの時は暗闇の部屋に閉じ込められて、目も耳も塞が
れて自由を奪われたような感覚になりました。自分で人のストレス発散の場でしかないのかなと毎日毎日苦痛
でした。映画やドラマのように優しい言葉をかけられたことありません。会社で名前で呼ばれることは時々で、
ほとんど、「おいブス」、「生き物」、「妖怪」、「ケロンパ」とか人を小馬鹿にしたような呼び方ばかりでした。逃げ
道などどこにもなく、悔しくて悔しくて、私は生まれてきたのは間違いだったとずっと思っていました。嫌われたく
ないから、挨拶もしっかりしても、翌日くよくよしないようにしても、会社で人権とかズタズタに踏みつぶされる。
八方塞の状態で、もう私に残された道は自殺だけだろうとずっと考えていた時に、目に入ったのが呪いの王国
でした。書かれていることは悍ましく、背筋がゾクっとするようなことが数多く示されていましたが、私の積年の
願いはここで叶えられるとはじめて希望をもつことができました。私は実家暮らしだったし、交際相手がいるわけ
でもないのでお金はたくさん貯金していたので、自由に使えました。だからやれることはやってみようと思い、
BEELZEBUBの呪いを3名分お願いして、悪魔の石アルティメットと、至高なるSATANの石を思いきって購入
していました。それからは私の人生は、生きてきた33年間で一番幸せ到来です。何故ならば、まず呪った3名
のうち1名は自殺、あとは会社から退職したりと、散々な目にあったのをしっかりと確認してやったからです。
呪いのすごさを思い知ったのと、至高なるSATANの石を手にしてから、毎日を怯えたり、嘆いたりする日が一切
なくなったことです。もう私のことをブスとか呼んでくる人は誰もいなくなったし、毎日元気に過せるようになりま
した。私のことを唯一理解してくれていた小学校からの親友も、私の性格が明るくなったとびっくりしていたよう
です。今までたくさん泣き寝入りしていたのが、嘘のように消えて、強く成長できた私は何不自由なく元気に過ご
しています。両親にも心配をかけないで済むし、自殺なんてもう考えたりしません。だって、私を虐める人間が
いたら消してしまえばいいのだから。

福岡県福岡市早良区  D様(30代女性)

東京都品川区  E様(20代女性)

実は私は関西で占い師の館を営んでいます。大阪でサラリーマン生活をしてしましたが、鬱病が発症し中期
入院中に、一冊の本と出会いました。鬱で無気力だった私が興味が出たのが占いでした。とても有名な方で
雑誌やテレビでもよく見かける方でしたが、本を通じてその先生の人柄などが伝わってきました。それからは、
私は何か無性に、その方に弟子入りしたくなり、必死で鬱病を治そうと努力しました。1年は完治するまで
必要と担当医から伝えられていましたが、私のやる気もあり3カ月で退院できました。そこからは本を出され
ていた先生に弟子入りを志願しましたが、何度も何度も門前払い。しかし、雨の中も連日のように弟子入り
を請いたところ、ようやく弟子の許可がでました。弟子の期間は3年で、先生が仰ることは何でもしました。あ
の頃はしんどかったけど楽しい時期でした。毎日が勉強でサラリーマン時代よりも充実していました。先生に
免許皆伝を申し伝えられた時に、最後に修業の場として教えられたのがこの呪いの王国でした。ここで白魔
術を習いなさいと、そして多くの方を救いなさいと。2年だけの特別期間を設けられ、私は呪いの王国で白魔術
を学ぶことになりました。実は先生も、ここの代表者の方から修業を受けて、独立されたとのことでした。腕を
上達させる登竜門のような聖域であると伺ったので、先生からの紹介状を持参して修業を続けました。白魔術
師としては中級まで上達し、その後、私も占い師として関西で独立を致しました。呪いの王国で白魔術を学べ
たことは大きな力となっております。なにせ、占いに来る方々のビジョンがはっきりと伝わり、明確な占いをし
て差し上げることです。メキメキと私の占い師としての評判も上がり、今では常連のお客様をはじめ、新規の
お客様には数カ月先まで予約をお待ち頂くまで人気店となりました。これも全て、師匠である最初の先生と、
呪いの王国の大先生のお掛けです。私は声を大にしてして伝えさせて頂きますが、ここの白魔術は確実に
人々の苦悩を救うことができます。神々、天使は存在し、そして、それを扱う方は修業を重ねて、大きな力を
得て、問題を解決するすべを熟知されています。私も心に傷を抱え必死で懊悩した時期もありました。不安感
に圧し潰される異常な苦しみ、日々のそうした苦悩が重度の鬱病として私の心にありましたが、今は占い師と
して、そのような不安から完全に救われています。白魔術には心の傷を修復する力が存在するのです。神々
の祝福を受けてどうか安らぎと幸福をあなたも掴んでください。私は自信をもって呪いの王国をお奨めします。

京都府左京区  E様(40代男性)

東京都江東区  S様(20代女性)

お問い合わせ

利用規約

Curse Kingdom Copyright (C) 1997-2017 All rights reserved

どうしても忘れらない元彼との復縁をお願いしました。とても深く愛していたけど親の反対にあって引き離
されてしまいました。でも諦めきれなくて何度か再アタックもしてみましたが、時すでに遅しで彼にはすでに
付き合っている彼女もいました。別れて数カ月以上経っているから仕方なかったけど、彼も私と同じ気持ち
だと思っていただけにショックでした。男の人は行動も早いのでしょうかね。。。でも私はやっぱり彼への
気持ちは諦めきれなくて、なんとしてでも復縁を望んでいたので、白魔術のイルナンドフィルシャを選んで
みました。彼は交際相手の女性からかなり気に入られれていて、私が戻る余地はなかったのにも関わらず、
白魔術がしっかり効いたみたいで、彼たちの仲を裂いてくれました。相手の彼女には申し訳合ない気もした
けど、大好きな彼との絵に描いた生活を譲る訳にはいきません!だからこそ白魔術で天使様にお祈りして、
彼との復縁をお願いしました。彼とはそれから1年の交際期間のあとに、プロポーズされて結婚することに
なりました。いまでは夫婦としてお互い支え合って楽しく過ごしています。もちろん大変だなと感じる時が
あっても、私には白魔術が味方してくれているから、どんなことあがってもきっと大丈夫だと思います。いま
でも近くに天使さまがいるように感じています。何故なら1日2,3回は私たち夫婦にとって幸せなことがある
からです。昔、何かの特集で座敷童のことをを読んだことがあったけど、そんな雰囲気で天使さまがいつも
幸せを運んでくれているのではないかと思うのです。それほど自分たちでは呼び込めない不思議な幸せ事
です。柔らかく、心温まるような幸福があるのはとても嬉しいです。いま私たちは子作りに励んでいます。
春先には新しい命が芽生えて、幸せが一段と増していくことを望んでいます。子供にも天使さまの祝福が
どうかありますように。

個人情報について